さいたま市 浦和区 葬儀 お葬式 市民葬儀 一般葬 家族葬|生協葬祭

さいたま市 浦和区 葬儀 お葬式 市民葬儀 一般葬 家族葬|生協葬祭

仏式、神式、キリスト教式それぞれの納骨・埋骨時期、まつり方のご説明です。

納骨・埋骨の時期

  • 代替画像

    仏式では、ふつう火葬にしたお骨をいったん自宅に安置し、初七日から四十九日までの七日目ごとの法要のうちで、都合のよい日に納骨、埋骨します。 一番多いのは四十九日です。しかし葬儀のため遠くから肉親や近親者が出向いて来た時などには、火葬が終わったら直ぐに墓地に埋骨する事もあります。 また火葬が終わったらその夜だけ自宅で法要し、翌日には寺の納骨堂に預けて毎日の供養を依頼し、三十五日か四十九日に埋骨する事もあります。 また仮納骨した遺骨は、一周忌または三回忌に埋骨することが多いようです。

  • 代替画像

    神式では、本来が土葬で、葬儀の日に埋葬を済ませていました。 しかし現在は火葬が殆どのため、神式では十日目ごとの霊祭の日に納骨・埋骨する事が多くなりました。一番多いのが五十日祭です。

  • 代替画像

    キリスト教式では、本来が土葬で、葬儀の日に埋葬を済ませていました。しかし現在では火葬が殆どです。カトリックの場合は、七日目の追悼ミサの日か、 翌日の召天記念日、プロテスタントでも翌日の召天記念日などを選んで納骨・埋骨します。

納骨・埋骨までのまつり方

  • 代替画像

    仏式では、火葬後お骨を自宅に安置してある間は、朝夕供養をします。 自宅での供養は、仏壇の前や床の間などに白い布を覆った小机を用意して、遺骨、遺影を安置します。 仏式では遺影の前に位牌を置き、花、線香、ろうそくなどを飾り、頂いた菓子や果物、故人の好物などを供えます。水は毎日供えます。水だけでも良いのですが、小さな茶碗でご飯を供えましょう。 (故人の茶碗は火葬後に割り、庭の片隅にでも埋めると良いでしょう。) 四十九日(宗旨によっては三十五日)までは弔問客も多いものです。 喪家では、この間はいつ尋問客があっても慌てないよう、納骨・埋骨した後も、一部屋に遺影を飾って弔問客をお通し出来るようにしておきましょう。 納骨・埋骨後は、仏壇に位牌を納め、仏壇にお参りをします。

  • 代替画像

    神式では、お骨を自宅に安置してある間は、霊前に榊、花、蝋燭などを飾り、洗米、塩、お神酒、果物、菓子、故人の好物を供えます。毎日、水の他に小さな木皿にご飯を供えることもあります。

  • 代替画像

    キリスト教式では、納骨・埋骨の時まで、お骨の前に花や蠟燭を飾りますが、供物には定まりがありません。

| Home |  料金 |  祭壇の種類 |  料理・返礼品 |  葬儀の流れ |  マナー |  会社概要 |