さいたま市 浦和区 葬儀 お葬式 市民葬儀 一般葬 家族葬|生協葬祭

さいたま市 浦和区 葬儀 お葬式 市民葬儀 一般葬 家族葬|生協葬祭

葬儀でのマナーをご説明させていただきます。宗派により違いもございますのでご参考までにご覧下さい。

会葬は葬儀のスタイルを確かめて

  • 代替画像

    仏式では、数珠は欠かせない小道具です。使わない時も左手にかけておきます。 焼香の時は、先ず遺影にかるく頭を下げ左右の遺族に会釈をし右手で抹香を1つまみ高炉におき、両手を合わせ祈ります。 最後に遺影を見てから左右の遺族に会釈をし、焼香をおわります。 (焼香は必ずとも3回する必要はありませんし、会葬者が多数の場合は1回で済ますこともあります。) とにかく、正しい焼香の仕方をわきまえておく必要があります。

  • 代替画像

    神式では、手水で身を清めてから参列し、玉串奉奠を行います。二礼二拍手一礼の拝礼をしますが、葬儀のときのかしわ手は、「しのび手」と言って、決して音をたててはいけません。

  • 代替画像

    キリスト教式(主にカトリック、プロテスタント)では、お悔やみの言葉に「ご愁傷さまで・・・」とは言いません。「お知らせ戴きましてありがとうございました」と深くお辞儀をする方が良いでしょう。 参列者全員で賛美歌を歌い故人をしのびます。献花が別れの挨拶となります。 ※カトリック系を神父と呼び、プロテスタント系を牧師と呼びます。

会葬の時の参列者としてのマナー

  • 代替画像

    1. 葬儀に参列する場合は、開始時刻に遅れたり、読経中に入るのは失礼です。
    2. あらかじめコートや帽子は脱いで受付の前に立ちます。
    3. 式場では、わざわざ遺族のところへ出向いてお悔やみを述べるのは、かえって失礼です。
       軽く会釈するだけで良いのです。
    4. 席次は通夜に準じて控えめな席に座ります。椅子席なら到着順につめます。
       よく式場の椅子席で遠慮して後席に座る方が多くいらっしゃいますが、
       これはかえって失礼にあたります。空いている席の前から順に座るのが常識です。
    5. 会葬者の焼香は、とくに決まった順序はないので、先着順にします。
    6. 仏教以外の信者や無宗教の人は、合掌せず礼だけでも失礼にはなりません。

香典・供物は・・・

  • 代替画像

    香典の表書きは「ご霊前」と書いて、白黒の結び切りの水引きをかければ、
    どの宗派の葬儀にも通用します。 金額は多くても少なくても気を使うものです。
    心づもりより少し多めにしておけば恥をかかないですみます。

  • 代替画像

    霊前に供える供物は、
    仏式なら、線香、蝋燭、干菓子、果物。
    神式なら、和菓子、果物、酒。
    キリスト教式なら、生花を目安に贈ります。 (但し、喪家の意向を伺う事が必要です。)

通夜の尋問について

  • 代替画像

    死亡通知を受けて直ぐ駆けつける時には、地味な平服ででかけます。 遺族側がまだ通夜の準備をしていないかもしれませんので、喪服で出かけては失礼にあたります。そして、泊まり込んで手伝うようになりそうだと思う時には、 喪服や香典の用意をして行きます。この場合、喪家の人には分からないように注意しなければなりません。 ごく親しくしていた場合でも、「何かお手伝い致しましょうか」と聞いてからお手伝いするようにします。 職場から通夜に駆けつける時には、平服のままで良いのですが、男性であれば色もののワイシャツや派手なネクタイだけは取り変えるのが常識です。女性はアクセサリー類を外します。

弔事の着こなしべからず集

  • 代替画像

    弔事の装いで、案外知らないのが、喪章をつけることの本当の意味ではないでしょうか。 喪章とは、本来遺族が今服喪の期間中であるという事を表すために、左腕に黒紗の腕章を付けたり、胸にリボンをつけるもので、平服でも喪章をつければ略式喪服になるとされています。 ですから、本来なら血縁者以外の人は喪章を付けるべきではないのです。でも、最近では一般参列者が弔意を表すために喪章をつけることが、一般的になってしまったようです。 尚、喪章は洋装の場合だけのもので、和装には付けません。また、男女とも正喪服にはつけないのが正式ですが、カトリックの葬儀では遺族は正喪服に喪章を付けます。

お清めとは・・

  • 代替画像

    ほとんどの葬儀の場合、通夜の参列者に対して、お清めの席が喪家側より用意されています。せっかくの厚意に対して余程のお急ぎの事情がない場合は、お寄り頂きたいものです。 ところが、お清めの席の意味を勘違いされて長時間の飲食をされたり、久しぶりに逢う知人、友人などの話し合いの場所にされている光景が、間々見られます。 笑い声さえ聞かれることさえあります。 お清めとは、本来故人をしのび語り合う事、このような意味を考えて常識ある態度で臨みましょう!

| Home |  料金 |  祭壇の種類 |  料理・返礼品 |  葬儀の流れ |  マナー |  会社概要 |